生命保険の必要性

私たちの生活は、意識するしないにかかわらず常に事故や病気そして災害などと 隣りあわせで生活をしています。

これらのリスクに備えて日頃から十分な準備をしておくことにより、将来的にも安心した 生活を送ることが出来るようになります。

それらのリスクに備えるものの一つとして生命保険があります。

死亡保障と医療保障

将来のリスクに備える方法としては、契約成立のその日から即座に大きな保障が得られる 生命保険が最も合理的です。

生命保険は、死亡や災害の場合の遺族の保障だけでなく、病気やケガ に対する医療資金の確保や老後の生活を保障する方法としても、また、子供の教育・結婚、住宅などの 資金を確保する方法としても、他の準備手段にはない幅広い機能をもっています。

将来にわたり安心した生活を送るためにも、生命保険は私たちの家庭にとって 欠かすことのできないものになっています。

多様化する保険種類

以前は、生命保険と言えば主契約の死亡保険に、 医療保険などのさまざまな特約を付加して販売されていました。

最近は、死亡保障はもちろん、医療保障など保険についても単品で発売されるようになりました。

さまざまな保険会社が、さまざまな保険種類を扱うようになって、 私たちが生命保険を選ぶための選択肢が広がってきたことになります。

生命保険の選び方

従来は保険の種類も少なく、保険外交員や代理店の勧められるままに契約する傾向にありましたが、 現在は保険の種類も多くなり、自分の置かれている環境に合った保障内容や保険料で選ぶことができるように なってきました。

しかし、選択肢が広がった為に、自分に合った保険を選ぶのが難しくなってきています。 ここでは、自分に合った生命保険の選び方についてご紹介しております。